言葉を扱う覚悟はあるか?

ukiyojingu
0
0

楽曲解説

言語は、私たちの使用するメディアでは最古の部類に位置する。私たちは言語を使用して相手に自己表現をし、それが記録されていった蓄積の結果が人類の歴史となってきた。一方で、先述のように言語はその性質ゆえ、言語の枠組みを超えて意志を伝達することはできない。

歌詞

作詞:ukiyojingu

作曲:ukiyojingu

1994年、京都で産まれた。 産まれた時のことは勿論、覚えていない。 人は生まれてきてから、4年間は記憶を持てない。 私の一番古い記憶は何だろう。 3歳くらいの記憶はぼんやりと頭の中にあるが、 その記憶が確かなものであるという根拠はない。 3歳から7歳までは海外にいたが、ほぼ覚えていない。 小学校の始めの一年は日本人学校だったが、幼稚園は現地の学校だった。 食わず嫌いが激しく、給食が嫌いな私は、よく「悪い子」だと言われた。 幼稚園では筆算まで教えられ、英才教育を詰め込まれた。 きっとその時の自分は嫌がっていたのだろうが、今となっては良い経験だったと思う。 日本に帰ってきて以降、言葉の違いにとても苦しめられた。 関西の言葉と文化に馴染めなかった私は、日本の学校に転校して以降、いじめを受け続けた。 言葉にとても敏感だった私は、必然的に人付き合いが苦手になった。 海外で身につけていた英語力も、努力しなければ1年で失われた。 その後、私には何も残らなかった。 中学校に進学してからは、いじめは酷くなったが、 それなりに少しは楽しく過ごせていたと思う。 いじめの記憶はほとんどない。 いや、どちらかというと、あまり思いだしたくはない。 いずれにせよ、よいものではなかった。 中学から始めた部活動でのテニスはあまりに弱すぎて、後輩に勝てなかった。 神経質な私にスポーツは向いていないと、うっすら思った。 それでも、この間に出会った人達は私を成長させてくれたし、部活動も最後に諦めるまで、なんとか続けた。 とても楽しい記憶だったし、感謝している。 みな、元気だろうか。 元気であってほしいと思う。 大学を卒業し、企業に就職し地元を離れた友達も、気づけば多くなった。 中学でいじめを受けた私は、きっと進学校ならいじめを受けることは無いと思い、 地元で3番手の進学校に進んだ。 そのあとの3年間は、今でも思い出したくない時期だ。 人間性と学力が比例しないということを、初めて理解した。 いじめは入学してからすぐに始まった。 中学から続けてきたテニスも、最後には辞めざるを得なくなった。 体調を崩して、カウンセリングも受けた。 私をいじめた人は教育大に進み、今では学校教師らしい。 今でも信じられない。 高校生活は随分過去のことになったが、彼らのことは今でも忘れずにいたい。 きっと、死ぬまで忘れないだろう。 部活をやめた私は、大学受験のさなかで初めてギターに触れた。 自分の思いを歌にできることは、私にとってとても衝撃的だった。 文化祭のために組んだバンドで、初のライブを行った。 あの時のライブの思い出は、今でも私を突き動かしている。 だが、受験は不合格通知の嵐だった。 晴れた顔で卒業していく周りを横目に、泣きながら勉強したことを覚えている。 3月入試で晴れて私大に入学してからの私は、 思えば小学校から受け続けたいじめの記憶に縛られ続けた。 音楽を好きになった私は軽音サークルに入ったが、過去のトラウマのせいもあって、 友達を作れなかった。 結局最後には一人になって、サークルもやめてしまった。 居場所を失った私は、ライブハウスに居場所を探し始めた。 伸しかかるノルマ、それを解消するための集客が課されたが、 そもそも人付き合いに苦手意識もあった私には、とても重圧だった。 あまりにも安いアルバイトをしながら少しずつ資金をため、新しいギターも買った。 だけど、どうしても人が苦手な私は衝突を重ねつつ、すり減った。 大学のゼミでも消耗が激しくなっていった私は、 4年生で再びカウンセリングを受けることになった。 いま、大学から抜け出せないでいる私は社会に出ず、言葉の使い方を学んでいる。 私はこれまでいくつか、言葉を使った朗読を作ってきたが、 それらの全ての言葉には意味が込められている。 言葉は、私達をどのようにでも変えてしまう。 言葉を使う私達は、言葉に対して責任と覚悟を負わねばならない。 言葉で自己表現するのならば、 私達は言葉に自分の全てを注ぎ込むほどの覚悟を持たなければならないだろう。 その覚悟を私たちは持ちうるだろうか。 言葉をめぐる争いはいまだに絶えない。 それでも、私は言葉をかけ合わせながら、交錯されるそれの可能性を、信じるしかないのだ。 止まることなく変化を続ける動態的都市の中を、生き抜くために。

アーティスト情報

since 2016

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or