眼光

Sleep Slope
979
14
0

歌詞

作詞:KIE

作曲:いとーはるか

いつだっていつだって 君はそんな目をしていてさ 取り留めも、飛ぶ鳥もいない こんな世界で 君だけは飛ぼうとしていたな 眼光紙背に君を感じたい どうなったっていいって誰かが言った どうなったっていいって僕も思った でもこの世界に生きてるのは僕らだ 僕らが捨てたら世界は終わる あの日見た白い雲はもういない ただ真っ直ぐな白さに憧れて まだ飛びたい まだ飛びたい まだ行ける いつだっていつだって 君はそんな目をしていてさ 取り留めも、飛ぶ鳥もいない こんな世界で ずっと騙されていたかったんだ 未来永劫君を叫ぶよ 見えないものを夢と言って 叶わない夢はどうせと吐いた 僅かな光に夢を託して 一体何が、なぁ。 僕だって僕だって いつかはそんな目をしてみたい 取り留めも、飛ぶ鳥もいない こんな世界で 僕は夜空に君を探してる 生々世々まで光る世界を いつだっていつだって 君はそんな目をしていてさ 取り留めも、飛ぶ鳥もいない こんな世界で 君だけは飛ぼうとしていたな 全身全霊君を歌うよ

アーティスト情報

神戸を拠点に活動する、3ピースガールズロックバンド Sleep Slope 等身大の私達、届け。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or