シーグラス

YISKA
13
0
0

楽曲解説

オリジナルバンド YISKA(イスカ) 「シーグラス」

歌詞

作詞:おはなみ

作曲:おはなみ

どれだけ上手に生きても いつかは死んじゃうのでしょう 潮風 さざ波 見上げれば天色 日差しを湛えた 白い背中 君を見失う 怖い夢を見たよ そんなことばかり 浮かんで消える 眩しい景色を 覚えていたいよ 角が取れて 目は濁って 失くしてしまうなんてさ どれだけ上手に生きても いつかは終わる日が来る 曖昧に笑った君が 僕の手を握りしめた 底なしの海に落ちていく 僕等はどうせ一人さ 怯えて怒って泣いたら また適当にやろうか 歴史の本には何一つ載らない 潮風 さざ波 白い背中 ガラスのかけらを 君は集めていた 角は取れて 丸くなって 形留めてないのに どれだけ上手に生きても 跡形もなく枯れていく 分かっているような気がした 分からなければよかった それなら どうして 君も 僕も 怯えて怒って泣くのだろう ガラスのかけらを集めていた 角が取れて 古ぼけていく 宝物に似たゴミだ それでも君が笑うなら また適当にやろうか どれだけ上手に生きても いつかは終わる日が来る 怯えて怒って泣いては その手を握り返した 底なしの海に落ちたら 君のガラスのかけらを 一つだけ僕に 分けてほしい

アーティスト情報

都内を中心に活動中のバンド、YISKA(イスカ)の公式アカウント。 ツイッターにて最新情報配信しております@_YISKA_

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or