君だけ

雄勢
9
0
0

楽曲解説

片想いのまま気持ちを伝えることができず、でも好きになる気持ちは止まらず、悶々とした毎日を送った日々の気持ちを形にした曲です。

歌詞

作詞:雄勢

作曲:雄勢

君の一言それで浮いたり沈んだり 目が合えば微笑んでくれる こんな汚れた僕に どんなに普通に振舞ってみても 何かが顔に出ちゃうんだ 君だけ君だけが 僕の心に触れたの 優しくて大きくて温かな君のその手で もう一度 明日がまた来るんだと考えて眠れない 明日はどうやって君に話しかけよう 右手を左胸に当ててみると 今にも張り裂けそうな気がした 君だけ君だけが僕の頭を埋め尽くす 苦しくて逃げたくて 捨ててしまいたくなるような恋心 このまま想い続けるのも辛いけど 諦めることも辛くて 君だけ君だけさ それ以外は何もいらない 願っても祈っても そんな日は来ないと知ってる でも君だけ君だけが僕の心に触れたの 優しくて大きくて温かな君のその手で もう一度

アーティスト情報

ゲイのシンガーソングライター。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or