楽曲解説

「約束の果てに君がいなかったとして」 君が待っていない未来がきてしまっても 僕はもう振り返らずに生きていくよ。 という曲です。

歌詞

作詞:川原清也

作曲:川原清也

約束の果てに君がいなかったとして 僕は凍える身体を暖めるように 火を灯して未来の話でもしよう ネバーランドの事 いつかの想いは帳の中に いつかの笑顔は扉の中にいて もう開くことはない 腐っても僕は僕であるように 君が君でいられることって何だ 約束の果てに君がいなかったとして 僕は凍える身体を暖めるように 火を灯して未来の話でもしよう ネバーランドの事 そこにいつかヒビが入ったとして 崩れていってしまおうとも 残った地面にすがって名前を呼んで待つよ ネバーランドの炎 幽霊船が揺れて消える どれくらいこの世界で生きてきた 帳はまた降りることはない もう降りなくてもいいから 約束の果てに君がいなかったんだ もう笑顔も涙も分からなくなった 火を灯して君の影と思い描いたんだ ネバーランドの事 約束の果てに君がいなくたって もうなに一つ怖くないよ 火を灯して未来は僕が思い描くんだ 願う日の事

アーティスト情報

大阪寝屋川のロックバンドMASTER OF CEREMONYです

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or