ウイルス

ユリノキ
89
0
0

歌詞

作詞:堀田拓之介

作曲:堀田拓之介

いつ何時でも新しい夜明けを待って 朝靄に霞んでく 言葉交わすたびチグハグな空気感じて 泥みたいにこわばる 満たした容器の殻は破れて 白いくぼみの底で溢れだした かわいそうになれば傍に 居たいと思えてられたのに 静かに今増殖してゆく からだを蝕む菌がいる 追いかける空は綺麗で 菫色に染められた かざした手の花明かりに 見とれたまま熱を帯びて 窓越しに映るひらり舞う小さな雪に ひどく目を奪われる 宿主のいない細胞の粒が溶けてく がらんどうの心に 被ったヴェールは秘密の絹 神話の二人のような親密さに抱かれて 包まった夜の膜を切り裂いて 薄れる影のカタチを追う 毒されたアザが消えずに しきりに疼きだしても 意識の中廻る薬は 抗う力を奪い去る 頼りなく飾った笑顔も 恥じらいを隠す仕草も 余すことなく風を起こし 波紋が水面を乱した 追いかける空は綺麗で 菫色に染められた かざした手の花明かりに 見とれたまま熱を帯びて

アーティスト情報

2014年結成。東京都内で活動。 2016年11月 1st mini album "REUNIVERSE" リリース。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or