マンガ泥棒

テジナ
119
2
0

歌詞

作詞:大坪拓八

作曲:大坪拓八

夏の午後の喫茶店で 僕ら2人お喋りして お気に入りの あのマンガを 君に貸した また会うため その日君が僕に薦めた映画は すぐ見たけど 2人それきり会わないまま 君は奪っていってしまった 僕の大切なものをいくつも 夏が来れば思い出すよ 君はマンガドロボー 今はどこで何してるの 笑顔のままでミラージュに消えた 埋められない棚の隙間 焦げた夏の胸の痛み 慣れた頃に また季節は変わってゆく 夏の始め また会うため 貸したマンガはもう 読み終えたの?それともまだ 次のページに進まないまま 夏が来れば思い出すよ 君はマンガドロボー 今はどこで何してるの 笑顔のままでミラージュに消えた

アーティスト情報

80年代感溢れるサウンドに絡みつくネチっとした歌。 ドラマチックな曲展開にハラハラドキドキ時々ホロリ。 これが、テジナです。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or