花氷にみとれて

iffy
35
1
0

楽曲解説

1st mini album「if」に収録 ONLINE SHOP.ライブ会場にて販売中 ! 各種配信サイトでも配信中! 1st mini album "if" 1.Step by Step 2.HERO 3.オオカミ少年 4.羽がなくても 5.もう一度 6.花氷にみとれて iffy結成1年目の曲を中心とした1st mini album。 この1枚聞けば、初めてライブにきても楽しめる。そんな1枚です! [ONLINE SHOP] https://iffy.official.ec/items/19478449

歌詞

作詞:細越風眞

作曲:細越風眞

例年より暑い八月のある日 花氷にみとれた夏めく日々よ 青田風薫る町 部屋に飾られたそれに 手を伸ばした 透明な檻に閉じ込められた花は 冷たく何を待つのだろう 夏の暑さも 人肌の温もりも知らぬ花は何を待つの 来年のあの花が咲く頃にまた ここに来ればあなたに会えますか 氷の中みたいに変わらずに あなたはここで待ってくれますか 薫風初夏の匂いが 約束した去年を染めていく どこにも見当たらない あたなを探す影 日に日に延びていく 消えたあなたを 取り残して夏は あの花を咲かせる あぁ無情だ 来年のあの花が咲く頃にまた ここにくればあなたに会えますか? 夕焼け紅く紅く染まってゆく あの夏咲いた花を閉じ込めて

アーティスト情報

「後懐」できるような明日を君に。弱さを否定せず、真っ直ぐ向き合う歌、音、言葉。正真正銘の姿で、全身全霊であなたに伝えたい。今がもう2度とないことを。2014年末結成。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or