moon down

the scented
4
0

楽曲解説

抽象的な言葉と特徴的な声で「記憶に残る」をコンセプトに活動する、the scentedの三作目。 シンプルかつ空間的なバンドサウンドで、身近にありながらも遠くに感じられる日々の劣等を描く。

歌詞

作詞:the scented

作曲:the scented

月が照らしてくれる 繋いだままでいて 地下鉄、誰もいないホーム 音が消えたようだ 歪なまま残されている キミにはわからない 知らないうちに涙が出ていく 気づかないうちに世界は始まろうとしている 静かに目を閉じてみる 懐かしい匂いがした 感情はとても扱いにくい 君はなにを感じている? いつか起こるその事実に 目を塞ぎたくなる 知らない誰かが言った言葉を 私たちは無視できないはずだろう 誰も悪くない 何も悪くない 君は悪くない 誰も悪くない なにも信じない 触れられやしない 今目の前に君がいるなら

アーティスト情報

空間的残響と日々の摩擦により生まれた言葉を駆使し、scent=匂い=記憶 に残る、音と声を武器に東京で2021年1月より活動開始。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or