Nanoka

ハレガサ
4
0

歌詞

作詞:柚子月

作曲:柚子月

一輪の花が庭に咲いていた 真っ赤なドレス纏った中身は 綺麗な緑色なのかなぁ 1日前に選んだ服親には友達と遊びに行くと 嘘をついて赤のママチャリ 漕いだらギシギシと音が鳴った 誰もいない交差点ロマンスの乗車券 黄色いママチャリの君が待っている 灰になった僕の心に 愛しい花を刺した罪深い君の心 君と付き合うということは僕の歴史に刻むということ そんな大事なことに朱印に指を置いてくれるのか 太陽が日差しを浴びせてくる 太陽が日差しでないなにかに形を変えて 訴えかけてきているようだ 1列になって会話もしないでただラウワンに向かうだけ 人に気づかれるのが嫌で1人で猛スピード漕いでいた 後ろについて行くだけが本当に楽しかったかい? 楽しかったのかい? こんな下手な接し方に嫌気がささなかったのかい 僕を嫌いにならなかったのかい こんな奴に好意を抱けたのかい 歴史に刻んでいいと思えたのかい そんな奴に出した答えは 君は僕の歴史に指紋を押した

アーティスト情報

〜〜〜〜((((木漏れ日ローカルシティポップ))))〜〜〜〜大阪スリーピースバンド「ハレガサ」-Gt.Vo.-柚子月 @yuduki0920 -Ba.Cho.-明音 @kushisango -Dr.Cho.-Tora @tora_haregasa

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or