岡谷のうた

緑茶太郎
1
0
0

楽曲解説

岡谷のうた

歌詞

作詞:緑茶太郎

作曲:緑茶太郎

「何かが変わる気がしています」 それが何かは分からないけれど 「それとなく旅に出てみたんだ」 目的も地図も何も無いけど 風が誘うままに 鳥居平から見下ろしてる 君の住む街も遠いあの日も 東洋のスイスと呼ばれても ピンと来ない顔をしている君 湖に映る若すぎた夢が 一瞬で空に舞って またここから明日を作ってく 君の名前をこの声が枯れてしまうくらいに 何度も何度もただ叫び続けていたいのです 天竜川に想い乗せ 晴れた塩嶺も雨ツツジも 雪の降る朝はシルクのように 都会の暮らしには慣れたけど 街への想いはうなぎ登りで 穏やかな水を釜口水門が優しく包むように 君の暖かさが胸を締めつける 白鳥の旅は世界中を股にかけて 太鼓響けば確かな生命を感じる イルフの世界、おとぎ話なんかじゃないさ 過去も今も未来も忘れられない大切な場所 いつかは帰ろう、必ず帰ろう 生まれ育った岡谷の街へ

アーティスト情報

神奈川県横浜市在住の大学生。地域は違うがEBiDAN OSAKAの大西翼くんを応援。音楽の趣味は日本のポップスやロックからK-POPまで多岐にわたる。YouTube(https://t.co/ftd6goHvqY)とインスタ(@tsubanishi1215)もよしなにお願いしたい

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or