歌詞

作詞:山田 拓也

作曲:棟方 雄也

理由もなくただ不機嫌で しがらみから抜け出せない そんな自分を信じてくれた 小さな体で包み込んでくれた あの時聴こえた君の歌 閉ざしても忘れない 心を強く掴まれたように 何度も手を振る君に いくつも優しさをくれる君に 感謝の言葉も上手く言えない 不器用な僕でごめんね 君は君らしく変わらずにいて ここにいるのが辛くて 近くにいると苦しくて 嘘ばっかりの僕は 歩道橋の階段に座って ただ君を想うだけ 明日も会いたい君に 隣で笑ってくれる君に 感謝の言葉も上手く言えない 不器用な僕でごめんね 君は君らしく変わらずにいて ああ 忘れたくない 確かな日々を

アーティスト情報

新潟県長岡市のアマチュアバンド。オリジナルの楽曲を演奏しています。 主に音楽色堂でライブしています。 山田 拓也(ボーカル、ベース @taku_tonaribear) 、Shu 笹川 (ギター) 、棟方 雄也(ドラム、コーラス @YUYAMUNAKATA)

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or