赤裸々な日々よ

ヒトリヨブランコ
164
7
0

楽曲解説

愛しい貴方を 思い出してしまうから

歌詞

作詞:けえ

作曲:けえ

雲間から満月が覗くと 空が目蓋を開けているようだった 金木犀の香りは少し苦手だ 愛しい貴方を思い出してしまうから 自分勝手に寒くなったり暑くなったり まるで僕みたいな季節だな 秋の夜長 歩き慣れた散歩道は 別人みたいに 風吹いて頬を笑む ※赤裸々な日々よ さようならだ 僕はとても後悔しながら 季節を置いてけぼりにするんだ 色々な物を溜め込んでおきながら 必要の無いところまで見せ合える二人でした 君は歩き疲れていた 僕は生き急いでいた 長針と短針のように顔を合わす時間が短くなり 朝と夜のように 顔を合わせなくなった 右手に残る暖かさを 微かに感じながら この冬を乗り切れるか  考えて また歩き出した ※

アーティスト情報

「こどもみたいにうたえたら」 下北沢・赤坂にて遊び続けるバンド 【ヒトリヨブランコ】 Gt.Vo. ムラカミ カエデ(@maplesyrup52) Gt.けえ(@DARUMASAN5648) Voムラカミ カエデの読み聞かせのような歌声と Gtけえの生み出す血の通った詩で 優しくも残酷なこの世界と人間を斜めから唄う

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or