夜半に月は落ちる

今﨑ソラ
186
2
0

歌詞

作詞:今﨑ソラ

作曲:今﨑ソラ

深夜二時についた嘘を僕は探した 三番線のホーム向かい側に 君のいないこともわかりきっていたんだ それでも走り出す 夜半に月は落ちる あの日のことを思い出してた 君のいない校舎 響く音 振りほどくことも繋ぐことも 本当の意味は同じだ あれほど僕ら狂わせていた あの日のことさえも 終わった 息をしてることすらもまだ 微睡みに混じり忘れていた 君のついた嘘を僕は探した 三番線のホーム向かい側に 君のいないことも わかりきっていたんだ それでも走り出す 僕は君だけ探してた 探してたから無くしてた ただ愛さえも捨てて 僕らは前に進んでいくよ 忘れないように 夜半に月を探した ふざけんな 無意味だろ 無意味だろ もうなにもかも ただ 行先も告げず消えていった貴女を待っているよ 忘れないように ふと夜空見上げだしてた 最後の時 変わらない世界に僕は 言葉刺してた 僕が探してた 僕がこの手で掴んでたのは 君の嘘だった それでも君を待っているよ 忘れないように 夜半に月を探してた

アーティスト情報

滋賀県で音楽してます。 オルタナティブと貴女と僕の街と。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or