とめどない

声にならないよ
1,128
28
2

歌詞

作詞:若宮めめ

作曲:HiRo

夢を見ると思い出す 絵空事に包まれる透明なパノラマ 朝になればひとり取り残されて 僕はまた過去を描いてた 秋になると思い出す 香りを運ぶのは夜風の仕業 いつまでも続かないものにすがって 僕はまた過去を描いてた さよならが記憶を消し去る言葉なら どれほど良かったでしょう さよならが記憶を植えこむ言葉なら どれほど痛みを残すでしょう 繰り返し繰り返す 繰り返し繰り返す輪廻のように あなたはもういない 時が経てば風化する あなたで包まれたあの日々も 声にならない想いを置き去りにして 僕はまた過去を手放した 真夜中が僕を守る言葉なら どれほど楽になるでしょう 真夜中が僕を照らす場所なら どれほど楽になるでしょう さよならが記憶を消し去る言葉なら どれほど良かったでしょう さよならが記憶を植えこむ言葉なら どれほど痛みを 残すでしょう 忘れない?忘れられない? 忘れたい?忘れたくはない? 忘れられない自分で良かったと 本当は思ってる。きっとそうだよ

アーティスト情報

あなたの声にならない想いを歌に込めて

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or