TARA(ビッケブランカカバー)

maika
14
0
0

歌詞

作詞:ビッケブランカ

作曲:ビッケブランカ

それだけで胸の奥が 弾けるような恋がある 一生一度あらわれて やがて やがて消えてく おかしくはないけれど まともじゃない僕がいる TARA 君を忘れにきた 金曜日のフロア 想い出の唄よ TARA 急ぐ恋びとには サファイアの街が そっと肩を抱くよ 逢いたくて すぐに逢いたくて 遠き日の花火が窓を少しふるわせた 色褪せない僕らが振り向いた ジュライ 打ち出すのが怖いほど 忘れたい言葉がある いつかの残像を焼きつけて 僕は 僕は生きてく やさぐれてるくらいが まともだって気づいてる TARA 君を忘れにきた 金曜日のフロア 想い出の唄よ TARA 急ぐ恋びとには サファイアの街が そっと肩を抱くよ 逢いたくて すぐに逢いたくて 遠き日の花火が窓を少しふるわせた 色褪せない僕らが振り向いた 花も川も声も いつの日か かれるように TARA 君を忘れにきた 金曜日のフロア 想い出の唄よ TARA 急ぐ恋びとには サファイアの街が そっと肩を抱くよ 逢いたくて すぐに逢いたくて 遠き日の花火が窓を少しふるわせた こんな季節をくれてありがとう さよならが心をふるわせた ジュライ

アーティスト情報

大阪に住んでる看護師です。下手くそですが簡単なピアノで歌を歌ったりしています。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or