自然の光

SOFTTOUCH
1
0
0

楽曲解説

曲が出来たのは、ずいぶん昔で2005年頃だったかと思います。ギターを爪弾きながら鼻歌を歌っていると、冒頭のメロディが出てきたのでそこから作りました。曲の全体の雰囲気や印象は、当時よく聴いていた洋楽ロックの(death cab for cutie)影響が出たと自分では分析しています。 マイナーコードから始まる曲で、一聴すると短調にも聞こえますが、最後はメジャーコードで終わる長調の曲です。AメロからBメロへ変わる箇所とBメロは、少々不自然で不安定な印象を受けるかもしれませんが、そこは狙ったところです。特にBメロ後半部分の『湧き上がりだすのだろう』の箇所のⅥからⅦ♭への和音の進行とメロディーラインはそう感じられるかもしれませんが、自分では気に入っているところです。 ギターソロ部分の音作りに関しては、プロデューサーのturntable films 井上さんとレコーディングエンジニアの古賀 さんのアドバイスにより、レスリー・スピーカーを使ったような暖かい音にしていただきました。 詞は佐野君に書いてもらいましたが、日本語のきれいな響きを出しつつ、上手くメロディーに乗っていると思います。特に前述のBメロ部分は少ない言葉数ですが、1つ1つの言葉に力があるように感じられます。 この曲を作った当時、まさか世に出るとは思いもしませんでした。こうしてソフトタッチの曲として発表できることに感慨深いものがあります。

アーティスト情報

佐野史紀(Vo&Gt)、山田真一(Gt&Cho)、渡辺大介(Ba&Cho)、星野誠(Dr&Cho)から成る4ピースバンド。 略称「タッチ」。1998年秋 昭和音大の仲間を中心に結成。2000年冬1stアルバム『Positive Thinking』でデビュー。2002年春1st EP『セイリョウカンベットタウン』発売。同年秋2nd EP『エンドマークタワー ep』発売。2003年春解散。 2007年春『セイリョウカンベットタウン』と『エンドマークタワー ep』を重ねた2in1アルバム『SOFTTOUCH』発売。 2016年夏、活動再開。 2018年、後藤正文 (ASIAN KUNG-FU GENERATION) 主宰のレーベル "only in dreams" より、後藤正文 と井上陽介 (Turntable Films / Subtle Control / Peg&Awl)がプロデュースを手掛けた3rdアルバム 『リビルド』 を11年振りにリリース。 「解放」と名付けた自主企画を開催。 2018年11月30日「解放 #3」下北沢basementbarにてワンマンライブを行う。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or