Quasar

ANVITAUPE
1,130
26
2

歌詞

作詞:輝人

作曲:輝人,ANVITAUPE

反抗できる僕がいて困っていても 独り善がりで殺せばいい 何かを思っていたってきっとそれは誰かの 「思っていたって 」にかき消されて 今日も僕らは嘘つきだ 僕は分かってんだ 世界の仕組みも ただただ回るこのサイクルの中で 綺麗だと誤魔化して 影も持たずに 輝き続けることなど無理があるだろう 太陽を無くした満月は 貴方がいない僕のように 救われたいと嘆くのだろう 疲れきった光の天使たちは我を忘れ 苦しくもがき壊れていく 僕は分かってんだ 世界の歪み この街を照らすほどの光を 影を恐れて無視はするけど やっても無駄なんて言葉いつ覚えたんだ 僕らはいずれ灰になり 美しく空を舞う 生まれてきたのはなぜだろう こんなにも辛いのに 誰しもが皆孤独だと 隅っこで泣いていたんだ 今更だけれどこの世界を愛してみよう と思うんだ 僕にもできるかな 僕は分かってんだ 世界の仕組みも ただただ回るこのサイクルの中で 影を恐れぬ 貴方がくれた ここにある世界はとても美しいんだと もしも僕の望み通りにさ 消えてしまうものが無くなれば 貴方に気づけなくなるでしょう 悔しいけどこのままでいいかな 寂しいけどこのままでいいかな

アーティスト情報

2019年9月結成!新進気鋭!! 京都5ピース・ロックバンド!!

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or