縛りのない世界

Riku
64
1
0

楽曲解説

凄く恵まれた環境だと思っていた。 でも、蓋を開けてみたらどこよりも自由ではなかった。 日に日に無気力になっていく自分。 それは性格なのかどうなのか分からなくなり限界を迎えその環境から逃げ出した。 お世話になっていたのは確かだ、しかしもう戻る気はない。 もっといい離れ方があったんじゃないかと思うが、それは叶わなかった。 そんな、心の葛藤を表した曲です。

歌詞

作詞:Riku

作曲:Riku

縛りのない世界 何もやる気が起きないよ 僕の人生はまだ始まったばかりなのに 部屋から一歩も出たくないよ 誰とも話したくないよ いつから 認められる為に生きてきたの? その場に流されやすいその性格じゃ 正解か否かどうかもわからないや 嘘をついて逃げ出そう 嘘をつかなければならないから そんな環境になってしまったのだから もう戻らない 少し前の過去に遡って あの頃は楽しかったな 今はもうその楽しささえ 感じなくなってしまった 初めての場所に怯える僕へ 優しく声をかけた 「大丈夫、ここに居ていいよ」と でももう遠くにいて何も聞こえてこないから ここにいる全ての人間が 分かり合える訳じゃない 行動や言動を縛られて 失敗もさせてくれない 嘘をついて逃げ出そう 嘘をつかなければならないから そんな環境になってしまったのだから 嘘をついて逃げ出すよ 本当は嘘なんかつきたくないけど こんな場所にいつまでも居たくないから いつか変わった時 明日にでも変わっていて欲しいな でも僕はもう戻らない

アーティスト情報

2000年9月17日生まれ 長野県民 中3の後半は引きこもり、高校は2年の頭で中退、ギターを初めたのは中3の春、その一年後、母親の誕生日に何か出来ないかと思い、曲を作り始める。 世の中の理不尽や不条理、目の前で起こった事などに対しての自分なりのアンサーと主観的な意見が楽曲になっています。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or