あとがき

アメノイロ。
1,917
95
0

歌詞

作詞:寺見幸輝

作曲:寺見幸輝

吐いた息の白さにいつかの君が となりで笑っていた日々を 思い出すことも随分減ったし またどこかで同じように笑ってくれていたならそれでいい それだけでいいと言い聞かせるけど 君は月日が流れた今でさえ 心のどこかに隠れているんだろう 薄明かりの部屋で君の寝息を聞いていた 2人毛布にくるまって 独りよがり繋ぐ右手 握りかえす君がただ愛おしかったな 今さら思い返したって 吐いた息の白さにいつかの君が となりで笑っていた日々を 思い出すことも随分減ったし またどこかで同じように笑えているかな 優しい人に出会って 色んな場所に連れて貰って 僕が好きだったところ 全部きづいてもらえたらいいな 眠れない夜は外に行こう 近くの自販機までがほんとちょうどいい距離だなんて くだらない話や仕草をなぜ 探してしまうのかな 薄明かりの部屋で君の笑う夢を見ていた 辿れば日々揺らり悠然と落ちて消える 水彩みたいに淡い日々だったな 薄明かりの部屋で君の寝息を聞いていた 2人毛布にくるまって 独りよがり繋ぐ右手 握り返す君がただ愛おしかったな 今さら思い返したって あれが僕の全部で

アーティスト情報

眠れない君を連れ出す曲を。 Gt.Vo 寺見幸輝 Dr. 本多隆志  Gt. 木村洸貴 Support Ba.本田智志

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or