世界の終わりとヒーローのさよならに

amy in a room
1,083
15
1

歌詞

作詞:のむら

作曲:のむら

このまま時がさらっていく 瑠璃色して 白い波がさらっていく 夏の終わりを 君の世界を守るのだ 僕は別れを告げるのだ 吐き出しそうな動機に苛まれ それでも足は止まらない あと一回の上書きを 待って、この会話また明日ね さよならって言われても 安寧のためさ泣かないで このまま時がさらっていく 橙色 瑠璃色の波がさらっていく 昨日のこと 君の世界を守れるか 僕はどうだ変われるかな 針に刺されるような感覚で それでも足は止まらない この街の夜は終わらない

アーティスト情報

京都市発、偏屈系オルタナティブロックバンド

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or