笑み

SOFTTOUCH
2
0
0

楽曲解説

アルバムのB面の始まりのような、それまでの流れを仕切り直すべく バーン!と格好良いイントロを持ったロックナンバーが欲しいなと。 長調と短調を行き来するイントロとAメロの和音進行が特徴です。 他者と交流する際「建前」と「本音」を必要とするシーンがあります。 感情と態度との違いを示すこの言葉について考えます。 「建前なんて嘘っぱち、本音で生きるのさ!」という姿勢に対して、 「本音を円滑に伝えるために建前があるのだ。」というスタンス。 ステレオタイプな反骨に対して、柔らかな質感の処世文化というところでしょうか。 権力におもねったり、忖度をしたくなる。 「いかがな態度か!」と、それらに抗うべき空気があります。 しかし、私は「建前」と「本音」に興味があります。 本音を振り回し、ぶつけ合うことがコミュニケーションなのでしょうか? もちろん抗うことが必要なシーンもあります、 相手を慮るほど、自然と、おもねったり忖度することも"時には"ある そんな現代だと思います。 社会や組織に属し、そこで使われる建前や本音は、 効率上、無駄なやりとりかもしれない。 でもそれらは、相手からの思いやり・相手への贈り物と受け止めることもできます。 この楽曲では、 そんなステレオタイプな反骨イメージを打破すべく、 ロックトラックに「建前」と「本音」を乗せることができれば最高と思い、書き下ろしました。 ちなみに、「笑み」とは、建前と本音のどちらにもソフトに貫通できる仕草であると思っています。

アーティスト情報

佐野史紀(Vo&Gt)、山田真一(Gt&Cho)、渡辺大介(Ba&Cho)、星野誠(Dr&Cho)から成る4ピースバンド。 略称「タッチ」。1998年秋 昭和音大の仲間を中心に結成。2000年冬1stアルバム『Positive Thinking』でデビュー。2002年春1st EP『セイリョウカンベットタウン』発売。同年秋2nd EP『エンドマークタワー ep』発売。2003年春解散。 2007年春『セイリョウカンベットタウン』と『エンドマークタワー ep』を重ねた2in1アルバム『SOFTTOUCH』発売。 2016年夏、活動再開。 2018年、後藤正文 (ASIAN KUNG-FU GENERATION) 主宰のレーベル "only in dreams" より、後藤正文 と井上陽介 (Turntable Films / Subtle Control / Peg&Awl)がプロデュースを手掛けた3rdアルバム 『リビルド』 を11年振りにリリース。 「解放」と名付けた自主企画を開催。 2018年11月30日「解放 #3」下北沢basementbarにてワンマンライブを行う。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or