泡沫の春

melt into the cream
83
1
0

歌詞

作詞:梅野河童

作曲:梅野河童

泡のように刹那に消える光だからギュッと握ってて 一つ捲れば風に吹かれて、空を舞う青いページ この先もずっとって、繋いでた手は離れていった 晴れた春の空、痛いほど眩しかった 風が吹く校庭の隅っこ、木陰、倉庫の裏 君の香りも感触も鮮明に蘇る 何処に居る、何をしてる、感触だけは確かなのに 見えないんだ、聞こえないんだ、君と捲った1ページ 失くしてしまったの、離してしまったの、淡い春の光 廻りめぐる季節を越えて、君の背中をずっと追いかけたよ 情けないよな、馬鹿らしいよな、まだ春を覚えている ひとつ、ふたつ、春を超えたら この世界に僕もさようなら 屋上、柵の向こう、風に舞う桜の空 手を伸ばす、指の隙間に、まだ君を覚えている 泡のように儚く消えた、春に向けて今日も唄うよ 戻れないから、還らないから 教えてよ、君の言葉 風に搔き消されていく さらば、泡沫の春よ

アーティスト情報

2017年結成、鹿児島発、4ピースロックバンド。 梅野河童 (Vo.)、冨永悠 (Ba.) 叙情的な日本語歌詞と起伏の激しいバンドサウンド、高揚感に身を任せたエモーショナルな演奏でステージを彩る。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or