春風

kirara
251
7
1

歌詞

作詞:kirara

作曲:kirara

春風 もう涙で前が見えなくなったときに そっと拭ってくれた人のこと思い出して すべてを失うことなんてないから 辛いとき辛いって言える強さが大事 僕ら春の風の中 いつの間にかすれ違っていた 君がはじめてついたうそ 僕はわかってたんだ だれも知らない場所で 君は一人泣いてたんだ どうして羨ましく思えるのだろう フィルム越しに世界 見つめてた幼い日々が 僕らふたり部屋の中 素直でいれるような気がした 隣にいればいるほど 素直になれなくなって だれも知らない場所で 風が頬をついてた 永遠を信じた その瞬間君が遠く感じて もう何回桜は散っただろう 君が暗闇にいたら 僕は光になるよ 君が雨に打たれたら 僕は傘になるよ 君が笑ってくれたら 僕はそばで笑うよ 君は泣いてもいいんだよ 僕はここにいるよ

アーティスト情報

17歳 / シンガーソングライター

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or