いつかの朝

ライトパレット
60
1
0

歌詞

作詞:Ryota Funasako

作曲:Ryota Funasako

少しだけ滲んだ朝のphoton 一滴落ちて描いた水面波 ゆらゆら ただただ漂って ただただ踊って 笑って 消えた 凛とした空 暁灯して 明く広がって やわらかなベールのよう 包まれて そう、気づいた 嘘で僕はごまかして 疲れ果てていたんだろう 鳥がなく時刻 灰色の波に揺られて 行き着いた先には幻影 眩しい光 僕は右目を開いて 見つけたそこには 過去に捨てた感情が 描いた軌跡を塗りつぶす 背の高い影法師 いつかの空に還らぬよう 僕の袖を秋風がひいた   ずっとこのまま続くんだろう どうしようもない一本道 跳ねた泥が哀色に光っては散っていくけれど 落ちた小さな欠片を少しずつ拾い集めたなら いつか、いつか迎えられるだろう 優しい朝を どうしようもない日常に涙あふれて 浮かびあがるのは数多の憧憬 眩しい光 僕は右手を伸ばして 少しでも近づこうとしたんだ 今も理想と現実の中で一人漂って ふらふらと弱々しく揺れている僕がいるんだ 落ちた雫が作った波に乗って進んでいく もう戻れないいつかの空に 小さな声でサヨナラを告げた ずっとこのまま続くんだろう どうしようもない一本道 跳ねた泥が哀色に光っては散っていくけれど 落ちた小さな欠片を少しずつ拾い集めたなら  いつか、いつか迎えられるだろう 優しい朝を 少しだけ滲んだ朝のphoton 一滴落ちて描いた水面波 ゆらゆら ただただ漂って ただただ踊って 笑って 消えた

アーティスト情報

奈良出身、大阪を拠点に活動している、スリーピースポストポップロックバンド。 ツインボーカルであり、フナサコリョウタ(Vo&Ba)の繊細かつエモーショナルなハイトーンボイス、コージ(Vo&Gt)の温かく抒情的な低音ボイスが特徴。 ー音楽性ー 「詞と音で描く、見える音楽」をテーマに、世界観が鮮やかに浮かぶ音楽を奏でる。 爽やかで色彩豊かな音。 情景が浮かび、心に降りてくる詞。 息の合った3人が織りなす音楽は、どこか優しく心を包んでいく。 ------------------------------------------ ★1st mini Album『青林檎の季節』好評発売中★ Amazonでご購入いただけます! 『INDIES BEST 2018』に収録され、奈良県の美容室ファイブグループのリクルートCMに採用された「BLUE」 ライトパレットの魅力が凝縮された、爽やかで甘酸っぱいリードトラック「青林檎の季節」など 多彩なサウンドの全7曲を収録!! 楽曲はもちろん、ジャケットや盤面など全てをこだわり抜いた、ライトパレット渾身のミニアルバム!! [収録曲] 01.青林檎の季節 02.深秋の凛 03.BLUE 04.オーロラの夜 05.スターライトエクスプレス 06.六月の雨と白百合 07.Good-bye to summer ★LIVE情報★

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or