他人のまま

WONDER BANANA SURF
5,146
39
0

歌詞

作詞:宮崎悠海

作曲:宮崎悠海

夕暮れの公園で 誰かが鼻をすすっていた 毎日を生きてく以上 それぞれに世界の終わりがある 朝方の丘の上 誰かが土へと還り行く 別段 悲しくないな 掴めない朝霧を眺めてる 靴を慣らせ ゴミになるまでは 合図 弾けて 足は流れる 誰もが 孤道を駆ける 孤独を流す 指の先まで それでも名盤を流す 体を揺らす 人は繋がる 知らない場所に行くなら 地図とご飯が必要だろ それでも歩いてゆけば 終わらぬ世界が全てを呑む 誰もが違う顔して 違う色なの 髪の先まで それでも何かが混ざる 頬を緩ませ 君と繋がる ああ まずい まずいな 境目がなくなって 僕ら誰だろう みんな違うのは 寂しいが それに負けてはいけないな 誰もが 鼓動を鳴らす 心を流す 足の先まで いつかはそれさえ終わる それならば少しの煌きが要る 誰もが 孤道を駆ける 孤独を流す 指の先まで それでも名盤を流す 体を揺らす 人は繋がる 他人のままで

アーティスト情報

WONDER BANANA SURF(ワンダーバナナサーフ) 2018年結成

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or