ひとえ

youthtape
66
3
0

歌詞

作詞:ユジャ

作曲:ユジャ

一重 僕の腕から 滑り落ちた 起き抜けの君は 薄い身体を 厚手のダウンジャケットで 隠してた 散らかる部屋の 賑やかさと 素顔の君の目 昼間過ぎても 絡めた足に残った暖かさ 愛を伝えたいだとか これに関してはそういう歌ではない you know? 毎朝のおはよう 見慣れた素顔 似てきた言葉遣い笑いのツボ 風呂上りのルーティンワーク 頭に残る鼻歌のmoon river 心の距離は1マイルからすぐそこまで もうすでに来ちゃってんだって話 君の一重瞼が 閉じるまで 目が冴えて眠れないような 甘い時間が これからどれくらい続くのだろう いつかこの日のことを 思い出し涙を浮かべても それをどこかで笑って くれるような君でいてね もっとちゃんと僕をみて って思ったりするよたまにはね ベランダで吸うハイライトのメンソール むせちゃうくせに貰いたがる そんな夕暮れ ぬるい幸せ の方が俺にとってちょうどいい いわば身の丈 いつか芽を出すはずなのは なにも悪いことだけとは限らない ドアノブに手をかけ 乾いた寒い風 君はいつも半歩前 出会った時と同じように笑う

アーティスト情報

ひとりの帰り道に、寄り添う音楽

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or