からっぽ

平原ケイシ
6
0
0

楽曲解説

空っぽの部屋 空っぽのわたし 空っぽだって思うのは 埋まっていた記憶があるから そこかしこに残る面影だけ きっと何かを証明している 捨てられずに残っていた缶ビールの空き缶 満ちていた黄金色の快楽は 互いの体の中に取り込まれて 無機質な鉄の塊だけ残した この塊さえも今は何故か愛おしい 来週の水曜日 きっとそれらをビニール袋に詰めて ゴミになる準備を始める こんな風に簡単に廃棄できない思い 歳を重ねれば少しは器用にできる気がしてたのに どんどん不器用になっていく私 情けないなぁ 悔しいなぁ もうこんな私を一緒に 水曜日に持って行ってくれないか 夜の公園二人きり まるで世界に二人だけみたい ってあなたがおどけて笑う まるでドラマのワンシーンみたい ブランコの宇宙船に乗り 行ったり来たり宙ぶらりん 凛としたその横顔 いつまで隣で見ていたい いたいいたいいたい 帰り道寄り道コンビニ 今日はお祝いだからキリン一番搾り あれ今日なんの日だっけ? あなたが今日もあなたらしく わたしが今日もわたしらしく 一日を生きたご褒美 あなたと一緒に飲んだ缶ビール 中身は空っぽ空っぽでいいの 確かにここで二人が生きた証 それが愛しくてとても苦しい 苦い苦いビール あの日の宇宙飛行士は 暗い黒い海で きっと遭難してしまったんだ またいつかなんてあなたが言うもんだから 期待しちゃうよ あなたと一緒に飲んだ缶ビール 中身は空っぽ空っぽじゃやだよ またいつかなんて言わないで、ねぇ 叶うことの無い あたしの願い あなたと一緒ならそれでよかった 好きだって言って空っぽでもいいから あなたの唇が触れた缶ビール それが愛しくてとても苦しくて あぁ馬鹿だねまた泣きだしそう 苦い苦いビール 夜の公園一人きり まるで世界に2人だけみたい そういったあなたはもう居ない まるで世界でひとりぼっちみたい

アーティスト情報

大学進学とともに18年住んだ地元新潟を離れ、福島いわきへ。4年間の音楽生活の中でバンド、弾き語りなど様々経験し埼玉へ活動拠点を変更。 ブログhttps://t.co/GgNGZcrquh

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or