メンのヘラ子さん

終電で帰して
161
3
0

歌詞

作詞:角谷亮

作曲:角谷亮

子供の頃は神様に手紙を書いた 罪を記して救いをこった 君がはじめて家に来たコーヒーを飲んだ 息が聞こえた柔らかい頬に触れた それならもっと歌ってよ あたしをもっと歌ってよ それからもっともっと愛して 繋がって生きていたんだ 君は殺した僕を殺した 繋がって生きていたかった 君は救った僕を救った 空虚な部屋仕方なく息を吸って 吐き出してまた生き長らえた 捻った蛇口唸るドライヤー踏み切りの音も たまらなく耳障りで それなら僕と歌ってよ君から僕に歌ってよ それから僕を僕を愛して 繋がって生きていたんだ 君は殺した僕を殺した 繋がって生きていたかった 君は救った僕を救った 繋いで生きていたかった 僕は離した君を離した 繋がれて生きていたかった 君も離した僕を離した

アーティスト情報

ほんの少しでも惜しまれて終わりにできたらいいな

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or