歌詞

作詞:盛 隆興

作曲:盛 隆興

大阪まで行くから 君はそこで待ってろよ なんて思ってるくせに 東京の空を眺めて 溜息をつきながら 案外 楽しんでるんだよ 悲しいこともあるだろう 卑しいものもあるけど 案外 耐えられるもんだよ 思い出は捨てろと言うが 君のことに至っては 邪魔なくらい思ってしまう そのときまで さようなら また会う日まで ありがとう 女の裸を見ては 虚しさに酔う日々だよ さっぱり 何が正義だ 東京の空はいつでも僕を歌わせてくれるよ 沁みるぜ 孤独な日々だよ 大阪まで行くから きっと君に会えるから なんかさ 生きるのっていいね 大阪まで行くから 君が嫌だと言おうとも 僕等ね ひとつになろうね そのときまで さようなら また会う日まで ありがとう

アーティスト情報

盛隆興(Vo)と和泉慶亮(Gt)の二人組。 ライブではサポートメンバーが加わり、 四人編成で活動中。 誰かに踊らされるより、 自分の意思で踊りたい。 圧倒的なロックンロール。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or