EXCUSE

THE NU
2
0
0

歌詞

作詞:SHOTA UCHIYAMA

作曲:KOUSUKE NANBA

風が吹き込む町の角で 次に笑う日まで2人 目を閉じている 耳をすませて こそばゆい歌を聴いたの 手を伸ばして触れたのは一体誰なんだろう 予想できない不確実な日々を また明日からずっと続けなくちゃ 真っ暗な夜に見上げる天井を わずかな街明かりが照らしていた 重たい瞼を持ち上げてみていたものは 誰が誰でもいいわけじゃないよ 夜空に響く流星を みんな出ていった町の角で 次に笑う日まで1人 目を閉じてる 10年以上前の曲聴いて 当時なかったものを見つめ続ける 首をもたげて見上げた天井は 切れかけた電球が光っていた 全部が全部 言い訳じゃないよ 空へと落ちる感覚を あなたにだけは分かって欲しい もうあなたしか信じない まだ騙すことしか知らないあなたを 好きと思うくらいに揺れているの心は 切り替わっていく周りの風景に 追いつけずに目を閉じ止まっている 外の景色より質素な天井が 迫りくることを僕はもう知って・・・ 全てどうでもいいわけが無いよ 近くにいても切り出せない あなたにだけはわかってほしい もうここだけにはいられないから

アーティスト情報

2ピースリーマンバンド

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or