アンモビウム

natsume
123
4
0

歌詞

作詞:菅原佑哉

作曲:菅原佑哉

会いたくなるたび胸が痛むんでも 気付かないふりをしてた 二度と戻れない夏の夜に 私の思い出だけが舞い散ってく 離さないでいて繋ぎとめてよ ずっとあなたのそばに居させて 溺れるほどに胸が苦しくなる 「こんな気持ちは知りたくなかった」 ぼやいた言葉が街に溶ける 愛して哀されても信じてた 枯れ落ちた花を拾い集めて 交わした約束は果たせずに 重ねてたはずの手は今も冷たいまま 声を聞かせて私の隣で どんなくだらないことでもいいから 誤魔化さないで素直な私で いたら今でも「二人で居れたかな」 ひとときの花火が映しだした 憂鬱まとうひとつの影法師 淡色に輝く幻の中に いつまでも惑わされて 時が経てば懐かしいねと 笑える日が来るのかな 見上げていた夏の夜空に ゆらゆら花火が上がっていく 離さないでいて繋ぎとめてよ ずっとあなたのそばに居させて 色褪せていく こぼれ落ちてく ずっとあなたに言えはしなかった さよなら私と君の 夏の終わり

アーティスト情報

神奈川発、4Pギターロックバンド。 Vo.真田樹 Gt.菅原佑哉 Ba.高橋光 Dr.中瀬裕太 ありふれた日々の中に、僕らの小さな音楽を。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or