日常ランデヴー

Cube.
96
0
0

歌詞

作詞:Fukui Tomoki

作曲:Fukui Tomoki

透明な薄い青のビー玉透かしてみたい転がしたい ロックグラスに注がれたソーダは 溢れそうだな冷たそうだな 落っことした双眼鏡のレンズは 片方がもう割れて見えなくなっちゃった それでもなにか見える気がして覗き込んだ先は真っ暗だ 遥か彼方遠くに見えるのは小さな未来か大きな期待か 憂鬱になって嫌になったって大切を大切にできるかな 最終列車はここってそろそろホームに止まって 僕らは席を立ち出して予定とは違う駅で止まって 一駅分また歩いて重い荷物寄りかかって どうしようもない気持ちここに置いていこう 正解なんてわからないけどこじつけたがる枠にはめたがる 遥か彼方遠くに見えるのは小さな期待か大きな未来が 憂鬱になって嫌になったって大切を大切にできるかな また歩いていこう明日は晴れかなきっと雨だろうな

アーティスト情報

和歌山発3ピースロックバンド。 聴きやすい爽やかな楽曲を中心に 時折覗かせる切なさや行き場のない気持ちを歌っています。 Vo/gt Fukui Tomoki Bass Takagi Yoto Drums Tokunaga kazuya

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or