ハミングバード

知る権利
92
4
0

歌詞

作詞:萬屋樹太郎

作曲:知る権利

泣いてなんていないって鳴いて 飛んで行ってしまった 羽が生えたような気がした そんなときもあった 今は背負ったリュックのせいで 汗ばんだこの背中にも 下ろしたてのシューズ きらきら光って道路蹴った 天気の悪いシーズンを越えて 面影もなくなったけど 強がった君が好きだった 思い出せる限り笑顔の 強がった君が好きだった 思い出していて欲しかった 泣いてなんていないって鳴いて 無い手振って さようなら 泣いてなんていないって鳴いて 飛んで行ってしまった ハミングバード 羽が生えたような気がしても 空は飛べなかった 君になりたかった いつでも自由でありたかった 羽は生えなかった 強がった君が好きだった 思い出せる限り笑顔の 強がった君が好きだった 思い出していて欲しかった 泣いてなんていないって鳴いて 無い手振って さようなら 泣いてなんていないって鳴いて 飛んで行って さようなら 泣いてなんていないって鳴いて 無い手振って さようなら 泣いてなんていないって鳴いて 飛んで行ってしまった ハミングバード

アーティスト情報

2013年7月結成、スリーピースバンド。一度聴いたら忘れられない中毒性の高いフレーズと、強烈なライブパフォーマンス。ときに演劇や、はたまたジェットコースターに喩えられる新しいエンターテインメント。遊び心と独特の人生観が共存した詩世界。 これまで何度かのメンバーチェンジを経て、現在の体制に至る。2018年元日に「TENDER TEMPER」へ改名するも、2019年12月末から再び「知る権利」となり活動中。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or