自分だけの音?探すんじゃない、作るの。~ピアノをドラムにする方法

share
tweet
facebook share

Text:飛内将大

ピアノという楽器の中身を覗いたことはあるだろうか。
鍵盤を弾くと、それに連動してハンマーが動いて弦を叩き、音が鳴る。

では、その弦を触ったまま、ピアノを弾いてみたことはあるだろうか。
美しいピアノの音が「プ、ポ」みたいなコミカルな音に変化する。

このような生楽器の音の変化を探求し、ピアノの弦の隙間にペンやスプーン、紙などを挟んだり置いたりして、打楽器的だったり効果音的な響きを作り出す手法をプリペアド・ピアノと言う。プリペアド・ピアノはアメリカのジョン・ケージという作曲家が生み出した実験音楽的な手法なのだが、これはピアノの弦を傷めたり、チューニングが狂ったりするなどのリスクを伴うため、僕のように学校や公共施設のピアノで勝手に行うとボッコボコに怒られるので、絶対にやめた方が良い。

ジョン・ケージがプリペアド・ピアノを生み出した1940年。パソコンのない当時だからこそアナログな手法で、楽器を傷めるリスクを背負ってまで新しい音を探究したものだが、現代ではコンピュータ上でもっと過激に、もっと実験的に、実機に直接手を加えずサンプリングすることで、リスクも伴わずに音を変化させることが出来るようになった。

というわけで、今日はこのピアノの音をドラムに変える。

<今回の使用機材>
・ピアノ音源:Wavesfactory「Mercury」
・DAW及びエフェクター:Ableton「Live 9」
・ギターエフェクター(オーバードライブ):BOSS「OD-1」

まずは今回サンプリングしていくピアノの音<音源①>を聴いてほしい。

<音源①>

そしてピアノとドラムの音の違いについて考えてみる。 ピアノという楽器は、どの鍵盤を弾いても綺麗に「ポーン」と“音程”のある伸びのいい美しい音が出る。対してドラムは、太鼓やシンバルの大きさによって音の高さは違うが、「ダンドン」と濁った短い音だ。ドレミで表記しにくい複雑な音をしている。

ということは、ピアノの音を短く切って汚していけば、ドラムに近づいていくはずだ 。 早速ピアノの余韻を切って短くしてみた。それが音源②だ。

<音源②>

これだけでもピアノっぽくない、電子的で無機質な音に変わったが、しっかりと音程感があって、メロディやコードを聴き取ることが出来る。この音を汚していく。

(所持しているボロいオーバードライブの一例)

<音源➂>

エレキギターを弾く人なら身近な存在であろう、オーバードライブやディストーションといった”歪みエフェクター”を容赦なくかける。安いスピーカーを爆音で鳴らすと、音割れして「ガーガー」した音になったりするが、”歪みエフェクター”は、それを逆手に取り、音に効果的な変化をもたらす装置である。この歪みに手加減など一切いらない。とにかく全力で歪ませていくと、音程の聞き取りにくい、エグみのある汚れた音へと変化していく。それが音源➂だ。

そして、更に歪ませて汚しながら、ピアノの音程が聴こえている中域をカットし、ドラムっぽいノイジーな音域である、高域や低域の音をイコライザーで強調していき、出来上がったものが音源④である。

<音源④>

ここまで来ると、楽器というよりはノイズに近い、「ザー」という砂嵐のような音になる。そして、ドラムセットのバスドラム、スネア、ハイハットなどの役割に相当する音色へと加工するため、ピッチシフトして作り込んでいく。ドラムの音をイメージしながら、バスドラムは低い音に、スネアは中域に、ハイハットは高い音にピッチシフトして、余韻を調整して仕上げる。

<音源➄>

そして、これらを並び変えてリズムパターンを組んだものがこちら。

<音源⑥>

どうだろう。なかなかアクの強い個性的なドラムキットが出来上がったのではないだろうか。

サンプリングを駆使することで、元がピアノの音だとは誰も分からないであろう、この世に全く同じ音が存在しない、世界にひとつだけのリズムマシンを作ることが出来る。もちろん、こんな手順を踏まなくても、優れたリズムマシンやサンプル集なんかが出回っていて、それで打ち込んだり並べたりすれば、手軽にかっこいいリズムは作れるのだが、探すんじゃない、作るの。

例として、曲に使うとこんな感じ。

<音源➆>

鳴っている楽器は、全部この記事にある最初のピアノの音<音源①>をサンプリングしたもの。

大事なことだから何度でも言おう。
自分だけの音、欲しくない?(×35億)


バックナンバーは【コチラ】から

links

profile

飛内将大
音楽プロデューサー・作曲家・編曲家。ギター、キーボード、ドラム、DJなど様々な楽器遍歴を持ちあらゆるジャンルに対応出来るオールラウンダー。

小学校6年生頃から作曲を始め、19歳からトラックメーカーリミキサーとしてのキャリアをスタート。2007年agehaspringsに加入。YUKI、木村カエラ、元気ロケッツ、Aimerなど多岐に渡るアーティストへの楽曲提供・アレンジを手掛ける。数多くのTV-CM、広告キャンペーン、映画などの映像コンテンツ作品にも音楽で参加している。

profile

agehasprings Open Lab.
【agehasprings】is a hit making creators' lab in Japan. 玉井健二 蔦谷好位置 田中ユウスケ 田中隼人 百田留衣 and many more

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

アカウント登録