Absolute area、『あの夏の僕へ』リリースワンマン大盛況! ~Absolute areaは平凡な過去を美しき思い出に書き換える稀有なバンドだ。これからも目が離せない!!!

share
tweet
facebook share

中学校時代の幼馴染、山口諒也(Vo)と髙橋響(Dr)を軸に萩原知也(Ba)を加えた3ピースバンド、Absolute areaのワンマンライブ「ドラマチックサマー」が9月7日下北沢MOSAiCにて行われた。

2014年4月に結成され5年目を迎えたAbsolute area。2017年には未確認フェスティバルのファイナリストに選ばれるなど、数々の10代コンテストでの受賞経験を持ち、今回のライブも発売直後にsold out。そんな彼らの「今」そして「ミライゾウ」を詰め込んだライブに、満員の観客は酔いしれた。

オープニング曲「少年」はなんとアルバム未収録の新曲。そこから「続く明日へ」までの冒頭3曲で観客は「今までのアブソとは違う!」と確信!!そのルックスや歌詞の内容から「大人になり切れない」「過去に引きずられている」イマドキの男子バンド、だと思ったら大間違い。彼らは確実に骨太な「大人の」3ピースバンドへと進化している。切なさ、悲しさ、懐かしさを楽曲に抱えながら、ライブはラスト「ひと夏の君へ」と向かう。ファンには「残像」の愛称で語られるこの曲も、もはや過去への讃歌ではなく、過去と決別し「ミライ」へと向かう決意をあらわす曲に聴こえてくるから不思議だ。

鳴り止まぬ拍手の中、アンコール曲は「ミライゾウ~reborn」そうかそうかアブソは過去から「ミライ」へと進む決意をしたんだな、とファンは納得、そして確信「もはや昔のアブソではない!」

ついにメンバー全員がハタチの一線を越えてしまったアブソ。9月5日にハタチを迎えたVo.諒也が最後に叫んだ「この音が僕らの始まりの合図だ!」このひとことが今日のライブの全てを物語っていた。

文:荒木敦史

<ワンマンLIVE>
10/5(金)下北沢MOSAiC『Absolute area one man live 2018 「ドラマチックサマー」』追加公演決定!!!
☆チケット一般発売中
チケットぴあ
ローソンチケット
イープラス
Yahooチケット

links

profile

Absolute area
平均年齢19歳の3ピース・ロック・バンド。2017年10月に現メンバーに。年齢離れした高い技術に加え、ボーカル山口諒也のソング・ライティングと歌声を武器に、「YHMF」「MusicRevolution」「未確認フェスティバル2017」でファイナリストに選出されるなど、同世代を中心に絶大なる支持を得ている。インディーズ活動支援アプリ「Eggs」の2017年年間楽曲ランキングでは“ひと夏の君へ”が1位を獲得、現在まで10万回以上再生されている。

release

ミニアルバム

あの夏の僕へ

Absolute area
  1. 1. ドラマチックサマー
  2. 2. 失恋歌
  3. 3. がらくた
  4. 4. ひと夏の君へ
  5. 5. My home town
  6. 6. reborn

発売日:2018年8月8日(水)
販売価格:1,600円(+税)
品番:EGGS-033

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約および個人情報の取り扱いを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or