イナズマゲート2016準グランプリ獲得!A11yourDaysインタビュー

share
tweet
facebook share

躍動的なピアノ・ロックに、爽快に駆け上がるメロウな歌心を持ったメロディを響かせる5人、A11yourDays。日本語、英語、韓国語というメンバーの言語が取り入れられた歌はキャッチーで、結成から半年少々の短期間で、"イナズマゲート2016"の準グランプリ(2016年のグランプリは不選出)を獲得し、"イナズマロック フェス 2016"への出演が決定。また、7月には"Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016"のBorn Next STAGEにも出演しており、大きな舞台へと突き進んでいる。9月14日にはライヴハウス限定シングル『City』をリリースし、9月18日の"TOKYO CALLING 2016"に出演する5人に、話を訊いた。


インタビュアー:吉羽 さおり

-2015年11月に結成ということですが、どういうバンドにしようというビジョンはあったんですか。

UK:最初は探り探りでした。私とヴォーカルのSOGYON君が曲を作れるから、まずは曲を作ってから考えようと。

SOGYON:最初は、ギター・ロックというよりはもうちょっとピアノを入れた、遊び心のある、新しい音楽をやってみようかという感じでした。

-ふたりの作る曲には、何か共通点はあったんですか。

SOGYON:結構違いますね、自分の曲はまだ世には出ていないんですけども(笑)。どうしても好きな要素が入ってしまうので、それをどうA11yourDaysにしていくかを考えながら、模索していますね。


profile

A11yourDays
日本、韓国、アメリカの血が混ざり合う多国籍ピアノロックバンド。POPSとROCKを根底に各個性が彩る楽曲たち。のびやかで綺麗な声と3カ国で描く唄を武器に活動を開始する。前任Dr.とGt:Johnの前身バンドの解散から1ヶ月。かつてからの仲間Key:UK、Ba:Masayaを誘い活動を開始。「すれちがった時に気になった」という理由だけで未だバンド活動をした事のない韓国出身のVo:SOGYONを抜擢。

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

アカウント登録