ならぴよの推し vol.7

share
tweet
facebook share

こんにちは!こんばんは!おはよう!ならぴよです。 今回のコラムはもうすでに解散してしまった、素晴らしいバンドを語ります。 このバンドを知らない人はこのコラムを読んで悔しがってほしい。 このバンドを知ってる人は思い出してほしい。 そんな私の自己満足で書きました(笑)


それでは本日の主役、
いつまでもそのテンポで(略:いつテン)を語ります!!

「死は2回ある。命が尽きる時と忘れられた時」

せめて、多くの人に覚えていてほしいから書きました。スーパーヒーローじゃないからスーパーヒーローを歌うバンドでした。2019年12月6日に解散ライブがありました。

初めて見たライブは恐らくどこかのフェス。ちゃんと覚えていない理由は「たまたま見たかった、バンドの前後がいつテンだったから」でした。 そんな、フェスの間のほんの一瞬、私は不覚にも「SUPER HERO」でハマってしまった。



聴けば、サビの「SUPER HERO 一歩前」が頭から離れなくなります。 その日から時間があれば、いつテンのライブを見に行く日々でした。気づいたらイオミュージックトライのBIGCATで歌っている彼らも見れました。
でも、バンド解散ライブも見ることになってしまいました。


“こんな大人になりたかったんじゃなかったんだけどなあ”



子供の頃「こんな大人になる!」って言って、その思い通りに大人になった人なんて一握りだと思うんです。 でも、「こんな大人」にならなくても幸せで、今が楽しくてしょうがないひとはたくさん知っています。 でも、結局今が楽しいとか幸せだとかそう感じることができている人は「こんな大人」になるべくしてなったと思うんですよね、という歌。

簡単な言葉で深い思いを込める天才ですよね。

いつまでもそのテンポでだけの話じゃないけど、解散してしまったら「もっと早くから知っておけばもっとたくさんライブ見れたかもしれない」なんて思ってしまう。 ただ、結局どのタイミングで彼らに出会っても「もっと早く、、、」と思ってしまうんだろうな。 このコラムで彼らのバンドを初めて知った人は悔しがってほしい、「ライブで見てみたかった」って。 解散ライブで言ってたんです、「忘れないでほしい、本当の意味で死んでしまう」って。

最期くらい私のコラムで記録したいなって思いました。 私のコラムがキッカケで知った人もみんな覚えておいてほしい。

あ、あとEggsで全曲視聴可能になったんです。(最高!) 今まで書いてきたアーティストより圧倒的にライブへ行った数は少ないかもしれないけど、大好きな音楽でした。

今までは活動中のアーティストを紹介していましたが、解散してしまったアーティストを紹介しました。 斬新でしょ?(笑)

今も、私のまだまだ知らないところで解散してしまっていたり、活動休止したりしているアーティストがたっっくさんいると思います。 ただ、Eggsに楽曲をアップしてもらえたら、今回みたいにコラムを書きたいと思っています。 より多くのアーティストに「活動しててよかった」って少しでも思えるEggs Curators になりたい!

お読みいただきありがとうございました。




profile

ならぴよ
SSWとバンド

profile

いつまでもそのテンポで
2019年12月6日 LAST ONEMAN LIVEにて解散。 最期まで愛してくれてありがとう!

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or