FOLKS 岩井郁人「CO-LABO’」 明日友達に自慢できる?!コラム「強み」〜前編〜

share
tweet
facebook share

Text:FOLKS 岩井郁人

みなさん、こんにちは。FOLKSのボーカル/コンポーザー/プロデューサーの岩井郁人(イワイフミト)です。
さて、始まりました!連載コラム「CO-LABO’」。前回も説明したけど、コラボレーションとラボラトリーをかけて『コラボ』です。

ゆかりのあるミュージシャンを始め、ファッション、アート、アニメ、映画、旅、学問、文学などジャンルを問わず様々な「人」や「コト」とコラボレーションして、僕を通してみんなに色々な情報や体験をシェアしていくので、宜しくね。

前回のテーマは「転機」。今回は、僕の転機の一つとして取り上げた「中学校2年生の時にギターに出会ったこと」について、少し詳しく話そうかな。

僕は4人兄弟の末っ子として生まれたんだけど、小さい頃から「生まれたからには何かを世の中に残したい。有名になりたい」って、漠然と思っていた。勉強もそこそこ、スポーツではサッカーをやっていたけど、ベンチ外(笑)。どれも平均的で「これだ!」というモノが見つからず「自分の“強み”ってなんだろう」って悶々とした生活を送っていた。

そんな時、ギターに出会った。あれは、中学2年生の夏。厳密にいうとギターに出会ったのは小学校6年生の時なんだけど、中学2年の夏に学校祭に出るためにバンドを結成して、本格的に弾き始めたのがきっかけで。幼稚園の頃にピアノを習っていたおかげか、他の人より上達が早く、どんどん弾けるようになって、その時に「歴史に名を残すならこれだ!」って思った。単純(笑)。そこからは毎日、三度の飯よりギターを弾いてたし、今まで生きてきた世界が変わったかのようにギターを弾いてるだけで、楽しくて夢中になった。自分の「強み」を知っただけで、こんなにも世界が変わるんだと思った。

ということで、今回のコラボテーマは「強み」をキーワードに話そう!

改めて言うと、このコラムのタイトルは、コラボ。
コラボとは、お互いの強みを組み合わせた形態と言えるんじゃないかと。音楽の世界のコラボで、強みを活かしている例を、僕なりに掘り下げていこう。

まず何と言っても最強なのは、この2アーティストのコラボレーション。英国ロンドン出身のJames Blakeと、米国ウィスコンシン州オークレア出身のBon Iver

【James Blake - I Need A Forest Fire (ft. Bon Iver)】

組み合わせと言うよりは、どの声がJames BlakeでBon Iverなのかわからないほど一体化している(笑)。

この曲のコラボならでは強みのポイントは2つあると思ってて、まず一つ目は、“静”と“動”の隙間。どちらのアーティストも“静”と“動”の隙間を活かした空間作りが魅力なんだけど、何層にもレイヤーされた二人のハーモニーがその隙間を縫って、結って、繋いでいく点。二つ目は、James Blakeの特徴であるエレクトロニクスと、Bon Iverの強みであるオーガニクスの融合。温かいチャーチオルガンのサウンドの上で、ボールが跳ねるみたいにTR-808のスネアドラムが鳴りだすんだけど、アナログとデジタルをここまで必然的に融合できるのは、James BlakeとBon Iverだからこそ出来る強み。

James Blakeは好き過ぎて、このJoni Mitchellの名曲のカヴァーを、僕もカヴァーしたことがある。

Bon Iverと言えば、つい先日行われたコーチェラフェスの圧巻のパフォーマンスは必見!


もう一つ、コラボをご紹介。

2016年のグラミー賞授賞式にてテイラースイフトと同じ7部門にノミネート、そして最優秀R&Bパフォーマンスと最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバムの2部門を受賞したカナダ出身のThe Weekndと、2014年のグラミー賞授賞式にて最優秀レコード、最優秀アルバム、最優秀ポップデュオ/グループ、最優秀ダンス/エレクトロニカ、最優秀エンジニア・アルバムの5部門受賞したフランスのDaft Punkの、こちらは、米・仏、大物同士のコラボ曲。

【The Weeknd - I Feel It Coming ft. Daft Punk】

この曲の特筆すべき点は、曲中ずっとリフレインされている16分音符のうねるビート。簡単なビートにきこえてシェイカーやハットにサイドチェインをかけてうねらせたり、シンセやハットを微妙にシャッフルさせたり、シンプルに見えてたくさんのギミックを詰め込んでいるのが、さすがDaft Punk様。

このDaft PunkのサウンドがThe Weekendのダークでメランコリックなサウンドの中に潜むポップスター的要素を引きずり出している気がする。彼らの場合は、James BlakeとBon Iverみたいな強みと強みの足し算ではなく、Daft Punkの強みが、The Weekndの強みを掛け算的に引き出しているパターン。一流と一流の強みの掛け算なんだから、良いに決まってるよね(笑)。VHSで撮影したMV、水原希子を女優に起用するなど、そんな遊び心もツボです。

この曲が入っている「STARBOY」は、他にもKendrick LamarやLana Del Rey、Futureとのコラボ曲もあり、Daft Punkはもう一曲、タイトル曲をコラボしてる。


さて音楽業界には、強みを掛け算して引き出す職業があります。それが「プロデューサー」。僕が大好きな英国出身の音楽プロデューサー、Paul Epworth (ポール・エプワース)。Adele、Paul McCartney、U2、Coldplay、The Stone Roses、Bruno Mars、Foster The People、Friendly Fires、Bloc Party、London Grammar、Glass Animals、FKA twigs、Lorde…。もはや、挙げればキリがない(笑)。なかでも、彼の名が世界中に広まったのが、第54回グラミー賞にてノミネートされた6部門すべて受賞したAdeleの「Adele 21」。このアルバム、世界で1,800万枚以上のセールスを記録。リードトラックである「Rolling in the Deep」をプロデュースしたのがポールなんだよね。

ポールは21歳のAdeleの持つ力強いけど脆い、痛みを孕んだ声を、アナログの名機材(アナログテープやRoland RE-201やEMT140など)を使って、さらなる深みへと昇華した。ちなみに映画『007 スカイフォール』にも起用されたこの曲も、彼のプロデュース。それにしてもAdele。この歳で、この深み…恐ろしい。

【Adele - Skyfall】


アーティストの強みを引き出すのが「プロデューサー」の役割で、そのサウンドを具現化するのが「エンジニア」。ポールは、この両方を兼ね備えたプロデューサー兼エンジニア。日本ではまだ浸透していない気がするけど、実は海外では一般的。

予想もしない化学反応を意図して生み出したい場合は、別々の人を起用することもあるけど、アーティストが持っている本来の強みを引き出す場合は、それを引き出すツールまでもを理解している人がベストだと思う。そう言えば、このプロデューサー兼エンジニアも、それぞれの職種の強みを掛け合わせてるね!

次回は、「強み」を別な角度から考えてみようかな。お楽しみに!

バックナンバーは【コチラ】

links

profile

FOLKS 岩井郁人(ボーカル/コンポーザー/プロデューサー)
2010年、ロックバンドGalileo Galileiのメンバーとしてメジャーデビュー。

2014年には、北海道恵庭市出身の4人組ロック「FOLKS」を結成し、キューンミュージックよりデビューアルバムをリリース。RISING SUN ROCK FESTIVALやSUMMER SONIC、ROCK IN JAPAN FESなど全国主要フェスに出演するなど、北海道に住みながらも全国的に活動している。2016年にはFOLKS RECORDを立ち上げ、韓国フェスに出演。個人活動では、“まちのうた”プロジェクトを発足し、高校への体験授業や特別講師などに招かれるなどソロ活動の幅を拡大し、台湾にて初のソロライブ、その他、ニューヨークにも活動を広げ海外にも進出している。

今年は、FOLKSとファッションブランドのLITHIUM HOMMEとのコラボリリースも決定し、日本最大級のファッションショー「東京コレクション」にもモデルとして出演。4月から北海道にある専門学校の特別講師として就任されるなど多分野で活躍中。今後もバンド活動、ソロ活動、両方の活躍が期待される。

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

アカウント登録