東京を拠点に活動するCANVASが1st Album「Naissance」を8/26(水)にリリース決定

share
tweet
facebook share

東京を拠点に活動するCANVASが、1st Album「Naissance」を8月26日(水)にリリースすることが決定した。

制作に一年半を費やした今作品は、ベーシストとしてVeni Vidi Viciousなどで活動してきた松田祐伴を中心に、QUATTROのギタリストでも知られる松坂勇介などによる、日常のサウンドトラックにして明るさも暗さも内包するポップなサウンドが収録されている。

ベーシストに須藤優(XⅡX)を迎えアルバム全ての楽曲に参加。持ち前のグルーヴィーかつ歌うようにしなやかな須藤のベースに対し、照沼光星(GOD,thatta)、KENSUKE.A(SISTER JET)、大屋博(Veni Vidi Vicious)というそれぞれ個性の違う3人のドラマーが展開するリズムセクションは大きな魅力の一つだ。また、ギタリストとして様々なアーティストをサポートするカンノケンタロウがギターは元より鍵盤を弾く楽曲もある。そしてseasunsaltのふじたまゆがヴァイオリンとコーラスで参加し、楽曲に彩りを加える実に聴き応えのある作品となった。

リードトラックである「Somewhere」「Delay」の2曲が先行配信され、それぞれミュージックビデオも公開される。

CANVASより以下コメント

アルバムタイトルの "Naissance"(ネサンス)
創生、誕生、産声。その意味通り、まさに CANVAS にとって初めての作品となる。
制作に1 年以上を費やし、やっと産声をあげることが出来たことからもこのアルバムにしっくりくるタイトルとなった。
日常に散らばっている様々な思いを少しずつ整頓させるように出来た今作品。そのラストではエンドロー ルで物語の幕を下ろした後、あえていつもの朝が来ることでアルバムを終えている。
それは "End roll" の 歌詞、最後の一節を「小説の終わりといつもの朝が来る」と締めくくっていることから、次曲でアルバム 最後の曲 "Ordinary Morning" に繋げて " いつもの朝 " が来る事で、まるで当たり前に繰り返しているか のような毎日を描いてみせている。



links

profile

CANVAS
ベーシストとして Veni Vidi Vicious などで活動してきた松田祐伴を中心に 2013 年に結成。
メンバーチェンジを経て、QUATTRO のギタリストでも知られる松坂勇介が 2017 年正式加入。 現在は松田祐伴 (vo,gt)、松坂勇介 (gt,cho)、釡瀬雄也 (gt,syn) の 3 人で活動している。
作詞作曲は主にボーカルの松田祐伴が行うが、担当パートやジャンルにとらわれずに自由な楽曲を制作する。

release

1st album

Naissance

CANVAS
  1. 1. Apple
  2. 2. Delay
  3. 3. Joxter
  4. 4. Music
  5. 5. Nothing
  6. 6. Somewhere
  7. 7. End roll
  8. 8. Ordinary Morning
2020.08.26 RELEASE / ¥1,500 (税抜) / FunLandRyCreation

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or