Eggs Curators 舛屋史子 コラム vol.15

share
tweet
facebook share

Eggs Curatorsのマスヤフミコです。

間が空いてしまいました、ご無沙汰しております。
こちら大阪堺は相変わらず元気にやってます、そちらはどうですか? 異常な程に早い梅雨入りで毎日ちょっとだけ憂鬱な朝が続いていますが、始まりには終わりがあるので。
大好きな音楽をお供に、キラキラした夏の始まりを思い描きながら一緒に乗り越えましょう!


さて、今回紹介させて頂くのは、東京町田発「minori」。

minori

今では、彼らとの出会いは偶然でもあり必然だったのかなと思います。

〝特別なことはきっと何もないのに、こんなにも歌詞が物語として瞬間的にはっきりと入ってくるものかと驚きました。初めて聞いたのに、耳だけなのに、MVでも見ているような気分になりました。〟
これは、私が初めて先輩にminoriを紹介して頂いた時にその先輩に送った感想です。

所謂ストーリー性、というものを作り出すのがとても上手なバンドで、所謂王道ギターロックの道を真っ直ぐに突き進んでいる彼等。個性なんてものは、そのうちついてくるので今はただそのままでいてほしいです。


デジタルシングルとしてリリースした「あのね」

――あのね きっと君が忘れたことは
ずっと ずっと 僕が覚えているからさ
それで 君が幸せになったところで
君とのラブストーリーは
もう終わりにしようかなんて思うのさ

この頃の楽曲から、単に優しいだけの人間が歌っている訳ではないことは薄々勘付いていました。



最新MV「HAYABUSA」

――今だけはその涙を拭いて
優しい風が拭いたらいこうか
当たり前の日々だからこそ美しいんだ

3月に1st EP「Blue」をリリースし、初めての全国ツアーを敢行。 その収録曲である「HAYABUSA」は、約2分間という短い時間の中に過去も未来も全てぎゅっと詰まっていて、聞き終わった後にはスッと顔を上げて前を向けるような、魔法がかかっているような1曲です。

ただ単に優しいだけじゃ、誰かの前を歩くこともできないから。
ただ単に強いだけじゃ、一緒に並んで歩くことはできないから。

兼ね備え始めたminoriの4人は、きっとまだまだこれから。

新しいきっかけになりますように。




profile

舛屋史子
▶︎LIVE HOUSE 堺Tick-Tuck 企画制作 ブッキングマネージャー 出身は秋田です #eggscurators

profile

minori
東京都町田市発minori。眠れない夜に愛を込めて。Gt,Vo 齋藤伶、Gt 坪山 望 Ba,cho ようすけ Dr,cho るい

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or