都市型フェス「SYNCHRONICITY」が、 7/4(土)にオンラインフェスを開催

share
tweet
facebook share

今年4月に新型コロナウイルスの影響のため開催中止となった都市型フェスティバル「SYNCHRONICITY」が、7/4(土)にオンラインフェスを開催することが決定した。

SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL
日程:2020年7月4日(土)時間未定
出演:随時発表
配信:SYNCHRONICITY YouTube 公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC6TQKiR15_M0RnsaW-47h-A/


ライブハウスへの貢献と、今後の日本の音楽の未来を見据え、オンライン配信を通して日本の音楽を海外へ届けていくことをテーマに開催する。 ライブハウスを中心とした会場での音楽ライブ、アーティストやゲストを招き未来をテーマにしたトークセッション(FUTURE TALK SESSION)を始め、様々なコンテンツが用意され、無観客で「SYNCHRONICITY」の公式YouTubeチャンネルで配信される予定だ。最新情報は「SYNCHRONICITY」公式サイト、各SNSでチェックしてほしい。

また、開催発表に合わせて、「SYNCHRONICITY」の開催継続とオンラインフェス開催のために「WIZY」(https://wizy.jp/project/481/)で行われているクラウドファンディングを、6/30(火) 23:59まで延長することも明らかとなった。当初オンラインフェス開催に合わせ5/31(日)までを予定していたが、緊急事態宣言下の状況や安全を考え7/4(土)にオンラインフェスを開催することとなり、それに合わせての延長となる。

クラウドファンディングへは、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、SIRUP、CHAI、社長(SOIL&"PIMP"SESSIONS)、THE NOVEMBERS、OGRE YOU ASSHOLE、飯田瑞規 (cinemastaff)、トクマルシューゴ、青木ロビン (downy)、toconoma、fox capture plan、塩塚モエカ(羊文学)、mabanua(Ovall)、オオヤユウスケ (Polaris)など 「SYNCHRONICITY」に縁のあるアーティスト、出演予定だったアーティストからたくさんの応援メッセージが寄せられているので、こちらも是非チェックして欲しい。



links

profile

SYNCHRONICITY
「未来へつなぐ出会いと感動 - CREATION FOR THE FUTURE -」をテーマに開催する都市型ミュージック&カルチャーフェスティバル。
音楽・人のクロスオーバーをコンセプトに、熱いエネルギーの集まる ” 都市 ” にフォーカスして、東京・渋谷を中心に2005年から開催。
電力には可能な限りグリーン電力を使用し、資源を守るため紙チケットを廃止するなど、サステナブルな意識を持ちながら「私たちの未来のためにできること」に取り組み、2020年15年目の開催を迎える。

最新記事

Eggs
すべてのインディーズバンド・インディーズアーティストと、すべてのリスナーをつなぐ新しい音楽プラットフォーム。
▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or